事業のご案内
理念・沿革・概要
事業内容
個人情報保護方針
  反社会的勢力に対する基本方針
  ソーシャルメディア利用に関するガイドラインついて
病院
JA尾道総合病院
JA吉田総合病院
JA広島総合病院
関連施設
老人保健施設「のぞみ」
JA吉田健康管理センター
高田地区休日夜間診療所
地域医療連携室
訪問看護ステーション
在宅介護支援センター
居宅介護支援事業所
学校
尾道看護専門学校
行動計画
  一般行動計画
(第3回)
  女性雇用推進に伴う行動計画


広島県厚生農業協同組合連合会
〒730-0051
広島市中区大手町3丁目13-18
TEL:
082-241-0695
FAX:
082-245-0487
地図
医療事業
 JA広島厚生連は県下3病院を運営し、平成28年度実績では年間延べ外来患者約58万人、入院患者約38万人の方々にご利用頂いています。
 3病院に設置しています地域医療連携室を窓口として、院内の患者さんは勿論の事、地域住民の医療介護の相談、また開業医・医療福祉関連施設等との連携を密にして、地域との医療福祉連携システム構築に取り組んでおり、3病院共に開放病床を設けて開業医との共同診療に取り組んでいます。また、尾道病院は地域周産期母子医療センターとして尾三地域を中心に広島県東部の新生児医療を担っています。
 救急医療につきましては、救急告示,病院群二次救急輪番制指定、またへき地中核病院指定を受けている吉田病院には、高田地区休日夜間診療所を併設、さらに尾道・広島両病院は地域医療救命救急センターを開設し、積極的に救急医療に取り組んでいます。
保健活動事業
 生活習慣病予防と潜在疾病の早期発見・早期治療を目的に、各種検診に取り組んでいます。 平成28年度実績ではJA組合員等への巡回検診、人間ドックや脳ドック、各種がん検診、協会けんぽ検診などの施設内検診合わせて4万5千人を超える方々のご利用を頂いています。
 また、健康管理意識の高揚と普及に、医師や保健師,看護師,栄養士などを派遣して、健康教育や講演を実施しています。
老人福祉事業
 介護保険法のスタートにより、地域医療と福祉介護の連携が一層密になってきました。
 広島に訪問看護ステーションを設置して自院の患者のみに止まらず、地元開業医からの紹介患者さんの在宅医療,介護を推進するとともに、高齢者介護相談機能の充実を図るため、地域医療連携室にソーシャルワーカーを、また居宅介護支援事業所には豊富な看護師経験を有するケアマネージャーを配置するなど、積極的に老人福祉事業に取り組んでいます。
 また吉田病院には、老人保健施設「のぞみ」を開設し、利用者が有する能力に応能な限り自立した日常生活を営むことが出来るよう支援するとともに、利用者の居宅における生活への復帰を目指した介護サービスを提供することを目的としています。

▲ページトップへ